pickup

2018年6月、ずっと夢だったビジネスクラスに登場することができました。
これも貯めたマイレージのおかげ!

目的地のプラハまでは、羽田空港を出発しフランクフルト空港でトランジットです。

今回は、羽田空港出発からフランクフルト到着までの搭乗記を綴ります!

搭乗から離陸まで

念願のビジネスクラス搭乗!
機内への優先搭乗だけでテンションが上がります(笑)
機体の2F、階段を上がるところでパシャっと記念写真を撮ってくれました♪

ウェルカムドリンク

搭乗からすぐ、ウェルカムシャンパンを運んできてくれます。
いざ、かんぱ~い!

座席シート

ルフトハンザカラーのクッションが置いてありました。
窓側には荷物入れがついています。

もちろん座席はフルフラットになるタイプ。
のびのび足が延ばせます。
腰や足、さまざまな高さでリクライニングが調整できます。
これなら12時間近いフライトも快適に過ごせそうです。

 

 

ブランケットとシーツ

大き目のブランケットと、白い袋に入った敷布団?が付いています。

寝るときは、袋から取り出してシートの下に敷いて使うようです。

ルフトハンザ航空ビジネスクラスのアメニティ

 アメニティの内容

・ポーチ
・靴下
・目隠し
・歯ブラシセット
・リップ
・ハンドクリーム

地味にリップクリームやハンドクリームはうれしいアメニティです♪お水も席に置いてありました。

 

アルコール

さて、お待ちかねのアルコール!
メニューはこちら!

 

一杯目は、「ヴァルシュタイナー/Warsteiner
ドイツ原産のピルスナービールです。

ドイツ国内でNo.1のシェアを誇るビールだそう!
バランスが良く、味がしっかりしたビールでした。

Beer!

・ヴァ―ルシュタイナー・プレミアム・ピルスナー
・ヴァ―ルシュタイナー ノンアルコール
・エルディンガー
・エルディンガー アルコールフリー
ドイツを代表する航空会社なので、もう少しビールの種類が多いかなと思いきや、意外と2種類・・だけ。もう少し種類があればうれしいところです。

ビジネスクラスの食事

ビジネスクラスの昼食

さて、これもビジネスクラスの楽しみ、コース料理!
メニューはこちら。

MENU

和食昼食

前菜
抹茶豆腐あんかけ 鱧実山椒射込み寿司 茗荷握り寿司 厚焼き玉子チーズ風味 鴨葱杏子串 京芋昆布巻きを添えて

小鉢
おかひじき 椎茸 醤油餡


茶そば

台の物
鶏肉のけんちん焼き 冬瓜 茶飯 胡麻

味噌汁
とろろ昆布の味噌汁

香の物
白沢庵漬け 新生姜

デザート
新鮮なフルーツ

 

残念ながら洋食が売り切れで和食をいただきました。
(洋食の牛ヒレ食べたかったなぁ・・・)

ルフトハンザの小さな箱はトリュフチョコレートが入っていました。

ビジネスクラスの軽食

しばらく寝て起きるとCAさんが軽食を持ってきてくれました。
プチハンバーガーがおいしかったです。新鮮なフルーツと軽めのピンチョスみたいなものいただいました。

ビジネスクラスの夕食

MENU
洋食 夕食 (着陸前)
オードブル
サーモンと海老のマリネとブラックオリーブ 人参のサラダ主菜
チキンパルメザン、トマトソース、ポテトとカリフラワーのグラタン、グリンピース海老、松のみ、ルッコラ、パルメザンチーズのペンネ・ジェノベーゼデザート
新鮮なフルーツ

やっぱり、外資系航空会社は洋食のほうがおいしいです(笑)
今回は始めに選ばせてくれました。

エンタメ

映画も大きな画面で見ることができます!ドイツ系の航空会社でしたが、思ったより日本語で見れるものや邦画もありました。(この時、グレイテストショーマンが見れたのでテンションが上がりました!)
ヘッドフォンは「BOSE」!初めて使ったのですが、音質が良すぎてびっくりしました!!さすがビジネス。使っているものが違います。

まとめ

あっという間の12時間のフライト。
フルフラットになるので、疲れ具合が全然違います。
フルコースやお酒もとってもおいしかったです。
初めてのビジネスということで、とてもいい思い出になりました。

必要なマイル数

今回レギュラーシーズンで95,000マイル(二人分)でした。
エクスペディアで航空券の料金を見てみるとなんと90万!!!
とても買える値段ではありません。
それをマイルで購入したので手出しはほぼ0でした。
(サーチャージと空港利用税だけ手出ししています)

お金を払って乗ることはできませんが、マイルを使うと簡単にビジネスクラスに乗ることができます!
マイルの貯め方は☟を参考にしてください♡

おすすめの記事