pickup

2017年7月に夏の京都を訪れました。

夏の京都は2年ぶり。たった2年とはいえ、新しいスポットやかわいいカフェが誕生しています。
そんな京都を楽しみたくて、1冊のガイドブックを片手に旅行に出ました。

今回は、夏の京都を訪れて写真映えしたスポットを紹介します。

カラフルなくくり猿が映える「八坂庚申堂」

ここ数年でよく見るようになった、インスタ映えスポット。
人気観光エリアの東山、八坂の塔に向かって歩くと見えてくる「八坂庚申堂」内にあります。

「八坂庚申堂」の門をくくると見えてくる小さなお地蔵さん。
その周りにカラフルな飾りが。

近くで見てみると、カラフルな布で作られた「くくり猿」が。
一つ一つに願い事が書かれています。
なぜ手足が縛られているかというと、欲望のままに行動する猿を動けないようにし、欲に走らないようと戒めているためだそう。
「くくり猿」に願いを込めて奉納すると願いが叶うとされています。

くくり猿は一つ500円です。

スポット名 八坂庚申堂
住所 京都市東山区金園町390
アクセス 京都市バス「清水道」から徒歩約3分

 

かき氷が絶品!たすき

築120年を超える素敵なお店の中に構える「お茶と酒 たすき」さんへ。
祇園白川にかかった橋を渡ってパシャリ。

バトンが描かれた暖簾がおしゃれです。
そこから、かき氷の整理券をいただくと。。。
なんと2時間待ち!!!
平日なのに・・・。仕方ないのでオシャレな店内を見たり、祇園の街を散策しました。
休日ならもっと混むと思います。

(席数が8席しかないんです・・・)

頼んだのは、ほうじ茶と抹茶
ふわふわかき氷は、厳しい京都の暑さにぴったりです。
祇園白川を見ながら、ゆっくりくつろぐことができます。
次は、期間限定のかき氷を食べてみたいと思います。

スポット名 お茶と酒 たすき
住所 京都府京都市東山区末吉町77-6 パスザバトン京都祇園店
営業時間 営業時間Monday - Saturday 11:00 - 20:00 (L.O. 19:00)
Sunday・Holiday 11:00 - 19:00 (L.O. 18:30)
アクセス 祇園四条駅から223m

最強インスタ映えスポット ハートの正寿院

 

ハートの窓が映える寺院「正寿院」
Instagramで爆発的に発信された新しい京都のスポットです。
幸せを呼ぶ窓として話題沸騰中です。

このハートは猪目(いのめ)と呼ばれる文様で、古代から日本の寺社仏閣で用いられていたようです。
昔からある形なんですね(笑)

カラフルな天井画も素敵です。

風鈴祭り

私が訪れたときは、毎年夏に開催される「風鈴まつり」の最中でした。
7月1日~9月18日まで行われており、日本中から集められた風鈴が並びます。

風鈴は、お寺につるされている「風鐸(ふうたく)」が原型といわれており、魔よけや厄除けの意味合いもあるそうです。

お茶とお菓子のお接待もいただくことができます。

基本情報

スポット名 高野山真言宗 正寿院
住所 京都府綴喜郡宇治田原町奥山田川上149
拝観時間 4~10月 8:30~16:30/11~3月 8:30~16:00
拝観料 大人500円(お茶、お菓子、散華、叶紐付き)
アクセス 新名神信楽ICより近江グリーンロード経由35分

宇治の山奥のほうにあるので、行く場合は京都市内からレンタカーがらくちんです。

現代アートな襖絵が美しい青蓮院門跡

こちらはあまり知られてないのではないでしょうか。

天台宗総本山比叡山延暦寺の三門跡の一つとして古くより知られ、現在は天台宗の京都五箇室門跡の一つに数えられています。室町時代の相阿弥の作と伝えられる庭園も有名です。

壁画絵師「Ki-Yan」が手がけた襖絵が美しい青蓮院門跡
「Ki-Yan」こと木村英輝氏は、「平成の琳派」とも称されるロックな壁画絵師。
2005年に新しい襖絵をということで「極楽浄土」「生命賛歌」「青の幻想」の3つのパートからなる襖絵を描かれています。

少し上を見ると、百人一首の句が飾られています。

外に出ると、美しいお庭と竹林を散歩することができます。

春と秋にはライトアップも行われているようです。

 

スポット名 青蓮院門跡
住所 京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1
拝観料 500円
アクセス (1)京都市営バス5・46・100系統 「神宮道」下車、徒歩3分
(2)地下鉄東西線 「東山駅」下車、徒歩5分
(3)円山公園から徒歩10分、知恩院北隣

 

京都の風物詩 貴船の川床

最後はやっぱりここ。夏の京都といえば貴船の川床です。

京都から電車とバスを乗り継いで約1時間
鞍馬山と貴船山の狭間を流れる貴船川には何軒も料亭が並んでいます。
その川の上にお座敷が夏限定で設置されています。
川の上にあるので、本当に涼しい。

川床ランチは、少しお高め。
ただ、味わえるのはこの季節だけなのでちょっと背伸びをしてもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?^^

夏の京都インスタ映えするスポットを紹介しました。
インスタ映えすることはもちろん、夏の暑い京都だからこそ涼し気に見える催し物もたくさん施されていました。
是非浴衣を着てめぐってみてください♪

おすすめの記事